ホーム > 遠隔操作ソフト
遠隔操作ソフトのダウンロード
NYC-FSAV10遠隔操作ソフトのダウンロード
情報セキュリティ製品NYC-FSAV10の遠隔操作ソフトをダウンロードすることができます。
遠隔操作ソフトに関しては下記「遠隔サポートサービス利用規程」を必ずお読みいただき、同意される場合にのみダウンロード及びプログラムを実行してください。
遠隔サポートサービス利用規程
  1. 遠隔サポートサービス(以下、「本サービス」と記載します)は、ナカヨ電子サービス株式会社(以下「当社」と記載します)の取り扱い製品の正規ユーザ様(以下、「ユーザ」と記載します)が、本サービス利用規程(以下、「本規程」と記載します)に同意された場合に実施するサービスです。
  1. ユーザは、オフィスNYCサポートの窓口へセキュリティ管理サービスの申込を行い、主契約を結び、お客様契約番号を取得することが必須です。
第1条(遠隔サポートサービス作業の提供)
  1. 本サービスは、当社が本サービスによる対応が必要と判断した場合のみ実施します。
  2. 本サービスにて当社の実施する操作対象範囲は、製品の仕様かつ主契約および作業確認書に直接関連する内容に限定されます。
  3. 本サービスは、ユーザに発生している問題や障害の解決を保証するものではありません。
  4. 当社は、本サービスの実施に伴い実施作業内容に関連する情報等を一定期間保管する場合があります。
第2条(遠隔サポートサービスの内容)
  1. 本サービスは、インターネット回線を通じ、ユーザの本サービス対象コンピュータ(以下、「対象PC」と記載します)を当社の担当者が遠隔操作し、対象PCに発生している問題や障害の修復を支援するものです。
  2. 本サービスは、当社が指定する本サービス用プログラムをユーザが対象PCにインストールすることを必須とし、当社がそのプログラムを通じて「遠隔で操作」を行うものです。
  3. 本サービスは、ランダムに生成されるパスワードを使用するとともに、通信は暗号化されているため、第三者の侵入や介入などからセキュリティ上保護されているサービスです。
  4. 当社による遠隔サポートの作業内容は、対象PCの画面に表示され、ユーザは適宜確認することができます。
  5. 当社は、設定の変更、ファイル等の修正や削除などの操作については、ユーザに事前の同意を得た上で実施することとします。
第3条(利用の申し込み)
  1. 本サービスご利用の際には、当社のオフィスNYCサポートのサポート窓口への連絡が必要になります。
  2. 本サービスは、サポート内容およびユーザのコンピュータの利用環境によって、ご利用になれない場合があります。
  3. ユーザが、本サービス用プログラムのインストール後に表示されるIDおよびパスワードを、当社サポート担当者に通知した段階で、ユーザは第6条(保証および責任の範囲)に同意されたものとします。
第4条(遠隔サポートサービス作業の中断)
  1. ユーザは、本サービス作業を強制的に終了することができます。
  2. 当社は、本サービス作業の提供が、本規程に沿わないと判断した場合は、ユーザの事前の同意なく、本サービス作業を終了することがあります。
  3. 当社は、本サービス作業の提供が困難であると判断した場合は、本サービス作業を終了することがあります。
第5条(遠隔サポートサービスの制限事項および禁止事項)
  1. 本サービスは、オフィスNYCサポート製品のユーザが、契約の確認書に記載された製品のソフトをインストールした環境に対してのみ提供されます。
  2. ユーザは、本サービスによって知り得た設定や作業内容などを、当社の許可を得ることなく、他のコンピュータなどに実施することを禁止します。
  3. 当社は、本サービスに関する設定や作業内容に関して、ユーザに対し説明する責任は負わないものとします。
  4. 当社は、本サービスの提供によって知り得た情報やデータについて、ユーザの許可なく第三者に提供することはありません。
    但し対応が必要と判断した場合、協力会社に対し提供することがあります。
第6条(保証および責任の範囲)
  1. 当社は、本サービスの提供にあたり、対象PCや記録されているデータに対して不具合が発生した場合も、有形無形、直接間接問わず一切の責任を負わないものとします。
  2. 当社は、本サービスの提供にあたり、ユーザおよび第三者に対して発生した損害について、一切の責任を負わないものとします。
  3. 当社は、本サービスの提供にあたり、ユーザおよび第三者間において発生した紛争等について、一切の責任を負わないものとします。
  4. 本条は、本サービスが有償、無償を問わず、適用されるものとします。
第7条(遠隔サポートサービスの提供休止および終了)
  1. 当社は、本サービスを予告なしに休止する場合があります。
  2. 当社は、本サービスを予告なしに終了する場合があります。
第8条(反社会的勢力との関係排除)
当社及びユーザは次の各号に定める事項を表明し保証するものとする。
  1. 自己及び自己の役員が反社会的勢力(平成19年6月19日付犯罪対策閣僚会議発表の『企業が反社会的勢力による被害を防止するための指針』に定義する「反社会的勢力」をいう。以下同じ)でないこと、また反社会的勢力でなかったこと。
    自己及び自己の役員が自己の不当な利得その他目的の如何を問わず、反社会的勢力の威力等を利用しないこと。
    自己及び自己の役員が反社会的勢力に対して資金を提供するなど、反社会的勢力の維持運営に協力しないこと。
    自己及び自己の役員が反社会的勢力と社会的に非難されるべき関係を有しないこと。
    自己及び自己の役員が自らまたは第三者を利用して、相手方に対して暴力的な要求行為、法的な責任を超えた不当な要求を行い、相手方の名誉や信用を毀損せず、また、相手方の業務を妨害しないこと。
  2. 当社及びユーザは前項各号に違反する事実が判明した場合には、相手方に直ちに通知するものとする。
  3. 当社またはユーザは、相手方が前項各号に違反した場合は、何らかの通知催告を要せず、直ちに主契約の全部または一部を解除することができるものとする。
  4. 当社またはユーザは、相手方が前項各号に違反したことにより損害を被った場合、相手方に対し、前項に基づく契約解除にかかわらず当該損害について主契約に基づく損害賠償を請求できるものとする。
第9条(サービス提供期間)
  1. 本サービスの提供期間は、オフィスNYCサポートのセキュリティ管理サービス契約をした期間までとする。
第10条(セキュリティ管理サービス解約時の対応)
  1. ユーザがオフィスNYCサポートのセキュリティ管理サービス契約を解約した場合、本サービスは提供しないものとする。
第11条(その他)
  1. 当社は、本サービスに関するサービス内容を予告なしに変更する場合があります。
2017年11月15日制定